【保存版】プラスチックの用途|日常用途と産業用途にわけて詳しく解説


「プラスチックの用途が知りたい」

「プラスチックって日常的にどんなところに使われているのかな?」

などとお考えではありませんか?

本記事では、日常で使う用途と産業で使う用途のプラスチックについて詳しく解説します。

最後まで読むと、プラスチックの用途がわかり、プラスチックに詳しくなれます。

この記事の監修者

藤原 弘一

1986年(有)藤原鉄工所(現フラスコ)入社、1992年代表取締役就任。
時代のニーズに適合した最新鋭設備と長年蓄積した職人技的加工技術を融合させ、顧客の信頼を築いた会社。

保有資格:司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者、2級小型船舶、4級無線技士

プラスチックとは

プラスチックとは

プラスチックは、合成樹脂を基とし、人の手で液状に溶かした後、型に流し込んで固めることにより製造される、分子量が10000を超える高分子化合物と定義されます。

この高分子化合物は、多数の小さな分子が結びついて一つの巨大な分子となったもので、一般に分子量1万を境に、それ以下を低分子、それ以上を高分子と称します。

しかしながら、この定義に合致するものであっても、繊維、ゴム、塗料、接着剤などはプラスチックからは除外されます。

私たちの日常生活では、プラスチックはペットボトル、卵の包装、ビニール袋など、さまざまな形で使用されています。

このように、プラスチックはその製造過程や定義、そして日常生活での用途において、非常に多様な特性を持つ素材です。

高分子化合物としてのその性質は、生活を豊かにする多くの製品を生み出す基盤となっています。

関連記事:【保存版】プラスチックの加工方法10選|注意するべきポイントも解説

プラスチックの日常用途

プラスチックの日常用途

プラスチックの日常用途は以下のとおりです。

  1. 家具
  2. ドア・窓・天窓
  3. バッグ・テイクアウト容器
  4. プラスチックマグカップ
  5. 玩具・ショーピース
  6. ボート・カヤック
  7. 電子機器

順番に解説します。

【用途①】家具

プラスチック家具は、現代のオフィスや住居の装飾に欠かせないアイテムとなっています。

私自身、オフィス用のプラスチック製家具を多数所有しており、その多くはチェアマットや透明なアクリル板から作られた洗練されたアクリル家具で構成されています。

プラスチック製家具を選ぶ主な理由の一つは、これらの製品が木材の使用を大幅に削減し、持続可能な資源管理に貢献してくれるからです。

加えて、つや消しポリカーボネート板を壁の保護に用いる企業も増えており、これらの素材の有効活用が見られます。

ポリカーボネート板とアクリル板の違いを理解することは、プラスチック製品の選択において重要です。

ポリカーボネート板は耐衝撃性に優れ、強度が高いのが特徴です。

一方、アクリル板はその透明性と美しさで知られ、デザイン性を求める用途に適しています。

これらの素材を適切に選択し使用することで、耐久性と美観を兼ね備えた環境に優しい家具や装飾品を実現できます。

【用途②】ドア・窓・天窓

プラスチックは日常生活において非常に重要な役割を果たしています。

特に、ポリカーボネート板はその耐久性と透明性から、窓や天窓のドームなどの建築素材として不可欠です。

このような用途では、ポリカーボネート板の使用は、自然光の最大限の活用と同時に、安全性と長期的な耐久性を確保するために重要となります。

また、現代の台所ではプラスチック製品が欠かせない存在です。

台所を一回り見てみれば、収納容器、調理器具、食器など、使われているアイテムの少なくとも30%はプラスチック製であることがわかります。

これはプラスチックが提供する多様な利点、例えば軽量性、耐久性、お手入れの容易さなどによるものです。

台所でのプラスチックの使用は、日々の生活をより便利で効率的にし、さまざまな形で私たちの生活をサポートしています。

【用途③】バッグ・テイクアウト容器

プラスチック製品は、環境汚染の主要な原因の一つとされています。

そのため、プラスチック製のアイテムは、適切なリサイクルや再利用が強く推奨されます。

消費者として、プラスチック製品を使用する際には、その環境への影響を常に意識し、責任を持った選択を心がけることが求められます。

これには、使い捨てプラスチックの使用を減らす、リサイクル可能なプラスチック製品を選ぶ、そして可能な限り再利用を促進する行動が含まれます。

このような意識的な取り組みによって、私たちは環境汚染の軽減に貢献し、より持続可能な未来を実現できます。

【用途④】プラスチックマグカップ

最近、プラスチック製のマグカップが日常生活での使用において、その便利さと実用性で広く受け入れられるようになりました。

一方で、私たちは長い間、飲料の携帯や保存にペットボトルを利用してきました。

この継続的な使用は、プラスチック製品がどれほど生活に根ざしているかを示しています。

プラスチック製マグカップの人気の高まりとペットボトルの長年にわたる使用は、プラスチックが提供する利便性と多様性を反映しており、日々の生活におけるその不可欠な役割を浮き彫りにしています。

【用途⑤】玩具・ショーピース

子供向けのおもちゃ市場では、プラスチック製品が圧倒的な多数を占めており、約90%のおもちゃがプラスチック素材から作られています。

この現象は、プラスチックの柔軟性、耐久性、そしてコスト効率の良さに起因しています。

一方で、おもちゃやゲーム機におけるデジタルスクリーンの使用は極めて限られており、子供たちはより伝統的な遊びや物理的なインタラクションを通じて遊ぶ機会が多いことが分かります。

この傾向は、子供の想像力と創造力を刺激すると同時に、画面時間を減らすという観点からも肯定的に受け止められています。

適切なプラスチック製おもちゃの選択は、子供たちの安全と健康的な成長を支えるために重要です。

【用途⑥】ボート・カヤック

水上アクティビティ愛好家たちは、ボートやカヤックの製造においてプラスチックを好んで使用しています。

この選択は、プラスチックが他の材料と比較して優れた浮力を提供し、さらに高い耐久性を備えているためです。

プラスチック製のボートは、その軽量性とメンテナンスの容易さから、多くのボートオーナーに選ばれています。

加えて、最近のトレンドとして、クリアカヤックの人気が高まっています。

その魅力は、スタイリッシュなデザインと透明性が高く評価されている点にあります。

これにより、使用者は水中の景色をよりダイレクトに楽しめて、ユニークな体験を提供します。

このようにプラスチックは、水上レジャーの世界においても重要な役割を担っており、その多様性と実用性が高く評価されています。

【用途⑦】電子機器

私たちの日常生活における電気製品は、大部分がプラスチック素材で構成されています。

家庭やオフィスで使われている電気製品を一つずつ眺めてみると、コンセント、プラグからパソコン、エアコンまで、プラスチックの使用が随所に見て取れます。

この広範囲にわたる採用は、プラスチックの軽量性、高い耐久性、そして優れた絶縁性のおかげです。

さらに、特殊な環境であるクリーンルームやオートメーション機器の分野では、静電気防止機能を備えたポリカーボネートやアクリル板が重宝されています。

これらの素材は、静電気の発生を抑え、電子機器の故障や製造プロセスのトラブルを予防する役割を果たしており、高度な技術を要する現代産業において不可欠な要素となっています。

プラスチック製品の技術的応用は、その利便性と機能性により、今後もさらに発展を遂げることでしょう。

関連記事:プラスチックの特徴3選|メリット・デメリットについても解説

プラスチックの産業用途

プラスチックの産業用途

プラスチックの産業用途は広範にわたり、その多様性と汎用性は産業界全体で高く評価されています。

以下に、プラスチックのいくつかの主要な産業用途を紹介します。

  1. 包装業界
  2. 自動車産業
  3. 建築・建設業界
  4. 電子・電気製品
  5. 医療産業
  6. 農業
  7. 航空宇宙産業

順番に解説します。

包装業界

プラスチックは食品、飲料、医薬品、化粧品など、さまざまな製品の包装に広く使用されています。

軽量で、耐水性、耐薬品性があり、製品を保護する上で重要な役割を果たしています。

自動車産業

軽量化が求められる自動車産業において、プラスチックは車体の一部、内装材料、ダッシュボード、ライトカバーなどに使用されます。

これにより、燃費の改善、コスト削減、デザインの柔軟性が実現されます。

建築・建設業界

プラスチックは、断熱材、配管、窓枠、屋根材、フローリング材など、建築材料としても利用されています。

耐久性とメンテナンスの容易さが求められる場面で優れた選択肢となります。

電子・電気製品

コンピュータ、スマートフォン、家庭用電化製品のケースや部品にプラスチックが使用されています。

絶縁性と軽量性が重要視されるこの分野では、プラスチックの利用が不可欠です。

医療産業

使い捨ての医療器具や梱包材、人工関節など、医療分野においてもプラスチックは広く使用されています。

衛生面での安全性と性能の高さが、この用途におけるプラスチックの選択を後押ししています。

農業

農業用フィルム、灌漑システム、温室の構造材料などにプラスチックが利用されています。

耐久性と柔軟性が、農業生産性の向上に貢献しています。

航空宇宙産業

航空機の内装や部品、衛星などの高性能部品にもプラスチックが用いられます。

軽量で強度が高い特殊プラスチックは、この分野での重要な材料です。

これらの用途は、プラスチックがどれだけ多岐にわたる分野で活用されているかを示しています。

その適用範囲の広さは、プラスチックの特性を最大限に生かした革新的な技術と製品開発を促進しています。

関連記事:【保存版】プラスチックの種類|それぞれの用途や特徴についても解説

まとめ【プラスチックの用途はさまざま】

今回は、日常で使う用途と産業で使う用途のプラスチックについて詳しく解説しました。

プラスチックの日常用途は以下のとおりです。

  • 家具
  • ドア・窓・天窓
  • バッグ・テイクアウト容器
  • プラスチックマグカップ
  • 玩具・ショーピース
  • ボート・カヤック
  • 電子機器

身の回りのものに意識を向けて、プラスチックを探してみてください。

株式会社フラスコでは、昭和48年の創業依頼、一般産業用機械部品の設計・製作・組立をはじめ、プラスチック・チタンやタングステン、ジルコニウムなどの金属加工を行なってきました。

時代にニーズに合わせ、最新鋭の設備と創業から約40年間培った、難削加工を可能とする職人の加工技術で様々な製品を生み出しています。

他社には負けない、業界トップクラスの技術があります。

お問い合わせは無料なので気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら(緑)